期間工・工場バイト完全版!履歴書の書き方から面接の受け方を解説

期間工・工場バイトの重要ポイント

工場バイトを希望する場合、実際にどの工場を選ぶかは重要なポイントとなります。工場バイトは場所によってシフトが不安定な場合もありますし、また待遇が同じように見えても仕事の内容がまるで違い向き不向きがはっきり出てくる場合もあります。ですからどこの工場も同じような内容だろうと思わずにあらかじめ勤務希望先の情報を収集しておく必要があります。

 

まず外からわかる情報として、勤務シフトについてきちんと確認しておかなければなりません。夜になると完全に工場を閉めてしまうところならば変則的なシフトにはならないでしょうが、24時間ラインが動いている工場では日によって日勤と夜勤が入れ替わる変則シフトの場合があります。最初は固定シフトで入っても仕事を任せられるようになるにつれ変則シフトを頼まれる場合もあり、これに適応できず仕事を辞めていく人というのは常に一定数いますので、実際に変則的な業務時間に対応できるかどうかを冷静に判断する必要があります。

 

また、工場の種類によって力仕事の要素が強いところと、ほぼ力仕事の要素がないところがあります。自動車組み立てなどといった重いパーツなどを取り扱う工場ではもちろん力仕事が行われますが、意外にも食品工場などでも箱詰め作業を中心に男性は力仕事を行うことになります。女性と同じラインを男性も行う工場もありますので、体力に自信のない方などは仕事内容をあらかじめチェックしておくといいでしょう。

 

インターネットFAX利用時の注意点

 

最近は、パソコンからだけではなく、タブレット端末やスマートフォンを使ってインターネットを利用する人がとても多くなりました。タブレット端末やスマートフォンを利用する人が多くなったのに比例するように、インターネットFAXの需要も高くなっています。

 

これまでにも、パソコンにFAXソフトをインストールして、FAX送信をするという方法がありました。これによって、経費削減を可能にすることができるようになったため、個人でも法人でも加入をする人が多くなりました。

 

まだ、インターネットが普及し始めたばかりの頃というのは、ISDNや電話回線を使ってインターネットを利用していたものです。この当時は、FAXソフトは重宝されていました。電話回線を使ってインターネットを利用する場合、FAXモデムに接続をしなくてはなりませんでした。これは、電話回線やISDNだけではなく、ADSLも同様です。

 

しかし、このFAXモデムやパソコンFAXソフトもそれなりのお金がかかってしまっていたものです。インターネット技術が進歩したことによって、現在、インターネットFAXが主流になっているのですが、インターネットFAXはFAXモデムやソフトを用意しなくても利用することができるようになっています。これは、光回線が普及するようになって、デジタル回線を使用する人が多くなったことがきっかけなのではないでしょうか?

 

FAXにも、色々な種類があるのですが、現在のところ主流として用いられているのは、G3とG4です。G3というのはアナログ回線を使用したインターネットFAXで、G4というのはデジタル回線を使ったFAXとなっています。

 

インターネットFAXを提供している会社の中には、まだG4によるインターネットFAXに対応していない場合もあります。ですから、インターネットFAXの申し込みをしようと考えているのであれば、先に自分のネット回線に対応をしているかどうかを確認することから始めるようにしたほうがいいでしょう。

 

また、こちらがデジタル回線を使っていないとしても、受信先がデジタル回線で受信することができないという場合もあります。ですから、自分の回線だけではなく、受信先の回線についても調べておいたほうがいいでしょう。

 

FAX送受信可能なインターネットFAX比較【パソコン・スマホから送受信OK】

更新履歴